TOP > 導入のメリット > グループホームでの導入事例
導入のメリット

グループホームでの導入事例

施設状況 1、入居者15名のグループホーム
  2、従業員が毎食買出、調理を行っていた
Case3 グループホームでの導入事例
項目 導入前 Case3 グループホームでの導入事例 導入後
食材費 820(円)×15(人)×30(日)
=約37万円(月間)
650(円)×15(人)×30(日)
=約29.3万円(月間)
内訳 朝食250円 一人1日あたり
820円
昼食260円
夕食310円 
内訳 朝食170円 一人1日あたり
650円
昼食240円
夕食240円 
価格はおかずのみで、当社ご提案量通りに
ご利用頂いた場合の目安金額です。
献立内容・商品パッケージ量で
1人前当たりの金額は変動します。

人件費

管理費

約18万円(月間)
(1日6時間×時給1000円×30日)
3食一人で準備可能
(パート、アルバイト交代制)
約7.5万円(月間)
(1日2.5時間×時給1000円×30日)
給食品質 購入先の食材品質に差がある 味付け、食材品質の安定、安心
サービス メニューの片寄りがある 約250種類の豊富な食材で飽きない
ロス 食材のロスが出やすい 小ロット、在庫管理が容易でロス軽減

1.コストダウンを実現


2.スタッフによる買出、調理負担が軽減

3.作業効率アップでご利用者のケアに注力可能